上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- 
テンパる (動ラ五)
〔名詞「聴牌(テンパイ)」の動詞化〕
(1)麻雀で,聴牌の状態になる。「三巡目で?・る」
(2)転じて,用意がすっかり整って対応できる状態になる。また,目一杯の状態になっている。
(三省堂 新語辞典)

昨日、面接を3件受けてきました。相手先のみなさんには感謝しきりなのですが(不採用でも)、自分の別人格のお出ましに、一番驚いたのは自分でした。よどみない言葉(ありえない)、早口(ありえない)、かまない(信じられない)、頭の回転が一瞬速く見える(予測不可能)…思い返してみても、あの自分はなんだったのかと問いかけたいくらいです。
そんなわけで、私の目下の目標は、失業保険をもらい終える前に就職することです。
来年3月か…無理かも…。

さて、今回「新語辞典」からの採用なのですが、この言葉にぴったりくる単語、なかなか想像しづらいと思いませんか?(2)の意味で目いっぱいだというのは確かにそうなのですが、この言葉には「用意してきたものをすっかり忘れ去ってしまい、やけくそでいっぱいいっぱい」位の意味も含まれていると思います。そういった言葉を表す、明治以来から使われている適切な単語が見つからない。というのはたぶん、今までそんな状態になることが、なかったからなのではないでしょうか。
私の場合は就職試験ですが、仕事上で、プライベートで、こういった追い詰められる状態になることがあちこちで起きているような気がします。仕事上ならよりタイトになってきた「締切」、余裕のない進行と人手による大量のミステイク、なだれうつような通勤ラッシュ、ちょっと肩が触れただ、触れないだ、でけんかになる人たち…。こんなとき、私のようなぼんやりした人間は「自分だけではなく、ほとんどの人がこのスピードについていけてない」のだと思うのです。
日本の12月は「坊主も走る」師走、確かに余裕なく忙しいのですが、人間としての余裕まで失わないように、それくらいの気遣いはもてるように、と昨日思ったしだいです。

少し遅れましたが、メリークリスマス。
もう少し、許しあえる社会になりますように。
スポンサーサイト
2007.12.26 
洋菓子の一例デザートとは、食事の後に出され食べられる果物や菓子(プディングやケーキ・アイスクリームなど)のことをいう。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

今の職場も、あと1週間で終わり、残った仕事は嘱託扱いで片付けることになりました。なんせ、私より「超優秀」な「仕事をしたことのない」方が入ってくるので、ハイソレマデヨとほおって逃亡できないんです。最悪。会社都合退職になるはずなのに、自己都合にさせられそうですし…。それは、戦いますけれど。
この会社ではビジネスにおいて「やってはいけないこと」、出版において「センスの悪いこと」、人として「言ってはいけないこと」を大いに学びました。
そして、この会社で学んだ最後のこと。
「女の人は、甘いものをいくらでも食べられる」傾向にある。

私は元来、甘いものが苦手です。デザートにもしょっぱいものが欲しいくらいで、最近の「塩なんとか」系のお菓子は歓迎しておりますが、「雪見大福」などは一度に一パック食べられません。でも、ここの女性二人は例外なく甘いものが好きで、話が合わないのことはなはだしく、私としては非常に疲れておりました。甘いものをさしておいしく食べられないので、
「おいしくありませんか?」とか言われても苦笑いです。
なんにせよ、この1年足らずで、ますます甘いものが苦手になってしまいました。

やっぱり食べ物って、そのものが大事なのではなく、いつ誰と食べるかが重要なんでしょうね。
2007.12.12 
ゲーム・アニメなどの女性キャラクターが,普段はツンツンしているのに,ある男性と二人きりになると急にデレデレになるような性格や様子。または最初はツンツンしていたのに,物語の進行とともににデレデレするような性格や様子など。「?キャラ」「?系」
→萌え属性
三省堂提供「デイリー 新語辞典」より

仕事の合間、見るたびに「萎え~」な周囲の面々*を見ながら(せめてカワイイ女の子はいないのか!お局は見てくれもいまひとつなんだ!助けてくれ!)まさかこんなの載せてなかろうと思ったら…
拾っていたんですねえ…(と、いろんな意味での間…)


最初のこの言葉を聞いたとき、基本的に私のような立場にある女子はおそらく
「バカじぇねえか」と叫んだと思います。だまされるかよ、アホ男め。そりゃな、手玉に取られてるってことなんだよ、バーカ!
気を許すとかそんなんじゃなくて、単純な計算なんだよ。ツンツンしてるのもな!
大人の女は、「ツンツン」ではなく「クール」で、基本的に敷居を感じさせないのが特徴ですからね。そうでなければ、仕事するにしても、話するにしてもうまくいきませんから。

しかし、「ツンデレ」に「萌える」(この言葉も禁句にしたいくらい苦手だけれど)のは古今東西常に在り、というもので、それこそ世界最古の「源氏物語」(私のだーい好きな朧月夜ね。今風に言えば峰不二子よ)から、王様を手玉に取るシェラザードやら、諸葛孔明やら(あれ?)、今シーズンもいろんなスケーターが演技する「トゥーランドット」まで数々のツンデレ嬢(男も約一名)がおります。彼女たちはみな過激すぎる嫌いがあり、朧月夜は帝と光源氏を二股しているし(デレなのはもちろん帝に)、諸葛孔明は名前出しただけで相手がビビッて死んでくれるし、シェラザードはなんだかんだいって色気で王様をいつまでももてあそんでいるし、トゥーランドットにいたっては、頭の悪い男は皆殺しです。皆さん共通して賢い。この中ではやはり、トゥーランドットが秀でているでしょうか。逆に謎賭けをする男、カラフはこの冷血姫を手玉にとって、最後には愛を勝ち得てしまうわけですものね。
 
... 続きを読む
2007.11.27 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。