上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- 
よぼう-せっしゅ【予防接種】
伝染病の発生・流行を予防するために、ワクチンなどを注射または経口的にあらかじめ接種して人工的に免疫を与えること。(出典:大辞林)

私の子どものころは、予防接種をよく受けていた記憶があります。前日に問診表を配られ、当日熱を測って登校し、午後注射。この注射で具合が悪くなる同級生がかならずひとりはいました。私は午後の授業がつぶれるので大喜びでした。ついでに、注射にとくに恐怖心がなく、イベント的な雰囲気がたぶん興奮の元だったのでしょう(クラスによくいる、お調子者のオバカな子どもだったのです)。
歯科検診なども同様にありましたが、これでひっかかるとかならずお口の「工事」になり、今では削らないで治すような歯をがんがん削っていました。思えば、子どもも多かったのでやることもダイナミックにならざるを得なかったのかもしれません。そんな乱暴な目にあっても、私たちの世代(今流行の「ロスト・ジェネレーション」でしょうか)は丈夫で元気いっぱいなのでした。

  しかし、最近はアレルギー持ちの子どもなども増え、予防接種の機会がだいぶ減ったようです。給食にも「除去食」が用意されているところもありますし、「BCG」も廃止されたと聞きます。今の子どもになにか活力のようなものが足りないように思えるのは、もしかしたらそうやって「リスク」を避け続けた結果なのかなあ、などとふと思います。人間、多少乱暴に扱われても適応できるのでは、と考えることも多くなりました。ちょっとしたことに「傷つきたがる」心、そして体の持ち主となった現代人。生きるのがつらくなるのも分からなくはないです。

さて、今回どうして「予防接種」を取り上げたのかというと、先週私もインフルエンザのものを受けたからなのです。昨年の過激なインフルエンザに懲りて、早めに打とうということで申し込んだのですが、後が大変でした。まず蕁麻疹(卵のせいみたいでした)。次に嘔吐・下痢、そして熱も出ないのに関節が痛くて動けなくなり、頭痛がひどくなり、めまいでふらふらし、仕事に結局支障が出てしまいました。今も、メールのお返事をためてしまっている状態です(メールはオーダーメイドの文章なので、時間がかかるのです…)。
ああ私も、現代人の端くれなのですねえ。
スポンサーサイト
2007.10.31 
みけねこ 【三毛猫】 (名詞)
イエネコの毛色で、白・黒・褐色の混じったもの。雄はごくまれにしかいない。みけ。
(出典 大辞林)

はじめの「おことば」は、私管理人みけのニックネーム「三毛猫」を取り上げます。
「みけ」というのは本名からついたニックネームですが、今までで一番よく使われていたものでもあります。他には「黒目」(黒目がちなので)「兄貴もしくはオッパ」(男前だから。本当か?)などなどと呼ばれてきましたが、本名と一字違いのこれが一番多かったし、馴染みもあります。私はマイペースかつ集中力がなく頭も悪く、運動神経だけは発達気味ということもあるせいなのか、猫にたとえられることが多かったからかも知れません。

とまあ、自分の話はここまでにしましょう。
三毛猫は、猫の中では美人としてもてはやされているように思います。まずオス猫に取り巻かれているのは大体三毛猫です。可愛い猫が多いのも三毛、お母さんが多いのも三毛。人懐っこいのが多いのも三毛です。そのかわいらしさから、人間に好かれているもしくは迫害されるケースが少ないのではと思われます。
それにしても、なぜ三毛猫ってそんなにもてるのでしょう?
三毛猫は用例にも挙げたとおり、きわめてオスの少ない猫のパターンだそうです。メス猫=三毛猫=美形だったりして。猫の世界って意外単純なのかもしれませんね。おなじ「みけ」でも私はもてない上にお笑い系、不美人。あやかりたいですが、今からでは遅い。

ついでに、このブログの「tekirkedi」も紹介しましょう。
これはトルコ語の「tabby cat」日本で言うならキジトラ猫のことをさすことが多いことばです。なぜ「三毛猫」ではなく「キジトラ」なのか。それは、このブログにも登場するであろう、うちの女帝陛下、猫のハチが雉白猫だからです。「三毛猫」をさす英単語に「calico」だの「tortoiseshell(鼈甲) and white」だのという言葉があるのですが、三毛猫をさすトルコ語はないようです。万国共通、どこにでも生息するキジトラ猫こそ、猫の中の猫、王者の中の王者…なのかもしれませんね。猫の呼び名が豊富な日本に育ってよかったなあ、なんて少しだけ思う、今日この頃なのでした。
2007.10.28 
このブログのお約束

 管理人は、心が狭く、意地が悪く、顔も悪く(関係ない)、仕事も出来ないので、ブログのコメントをありがたく頂戴します。
皆さんのコメントがあってこそのブログです。トラックバックがあるから輝きます。
しかし、いくつかお願いがありますので、頭に入れておいていただければ幸いです。

1 はじめましての方は、ご挨拶願います。
  ここの運営方針は「webのなかの行き止まり」です。公道に面しているけれど個人の家みたいなものとお考えください。世界の片隅でただつぶやいているというブログです。また「自分の意見と何が何でもおなじじゃなければ、いや」という方がいらっしゃったら、そのまま戻るボタンでお帰りください。

2 こんにち「わ」、こんばん「わ」は禁止です。
 その他「あけおめ」などもお控えください。なぜかいらいらしてしまうのです。
ただしくは「こんにちは」「こんばんは」「あけましておめでとうございます」です。

3 アダルト系サイトとはお付き合いできません
 管理人は三十路を過ぎた成人ですので、一歩間違うと犯罪です。したがってリンク、トラックバックなどをご遠慮させていただきます。

4 バックリンクなしのトラックバックはできません
 意味がないからです。「トラバ返し」もいたしませんし、こちらからうかがうこともありません(気に入ったらするでしょうが)。アフィリエイトもしていないし、友達を何百人も作れずこっそり更新しているだけなので、「私のブログを見て!」といった活動は、他のところでお願いします。

5 いろいろうるさく言いましたが、まあ、たいしたことがある場所ではありません。くつろいでいってくださいませ。
2007.10.27 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。