上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- 
(形) [文]ク なみだもろ・し
ちょっとしたことにも感じやすく、涙ぐむ性質である。

私は結構涙もろいタイプです。
くだらねえ!と言いつつも、テレビでやっている「感動秘話」系のお話ですぐ泣きます。悔しくても、悲しくても泣きます。最近は朝ドラ見てても泣きます。そんな泣き虫コムシの私でも、ルール違反だと思う涙もあります。それは、職場で流す、女の涙です。

男性陣にとって、こんなに恐ろしいものはないでしょう。泣くのは最終兵器。職場で泣く女性は、そういう思いが頭のどこかにあるから、最後に泣くんです。だから、理不尽なことを言われても、ただ涙するのです。怒るのではなく。理不尽なことを言われたらまず「噴火」(怒る)する女なら、いかようにでも対処できるかもしれませんが(言われたほうに報復するわけですから)、泣くのは「傷ついた」とアピールする行為です。

泣かれてしまったら、それ以降は腫れ物にでも触るように、傷つけないように接していくしかありません。適切に「叱られる」こともなく、「本音をさらされる」こともなくなります。結局不幸になるのは本人だと思うのですけれど…

私の夫、ポコはこのような涙を「涙の脅迫」と言っていました。涙で身を守る、涙で鎧う行為だそうです。私も何年目かにやっと出来た後輩にこういう思いをさせられてきて、ようやく実感することになりましたが、言いだしっぺのポコは
「あれは、僕の間違いだよ。涙の勝利なんだよ。泣けばなんでもチャラになるじゃない」
とか言っております。

おいおい、言いだしっぺが覆すかよ。

私は根がイジワルで悪のカタマリなので、こういう女を見るとがんがん泣かしたくなります。
スポンサーサイト
2007.11.29 
ゲーム・アニメなどの女性キャラクターが,普段はツンツンしているのに,ある男性と二人きりになると急にデレデレになるような性格や様子。または最初はツンツンしていたのに,物語の進行とともににデレデレするような性格や様子など。「?キャラ」「?系」
→萌え属性
三省堂提供「デイリー 新語辞典」より

仕事の合間、見るたびに「萎え~」な周囲の面々*を見ながら(せめてカワイイ女の子はいないのか!お局は見てくれもいまひとつなんだ!助けてくれ!)まさかこんなの載せてなかろうと思ったら…
拾っていたんですねえ…(と、いろんな意味での間…)


最初のこの言葉を聞いたとき、基本的に私のような立場にある女子はおそらく
「バカじぇねえか」と叫んだと思います。だまされるかよ、アホ男め。そりゃな、手玉に取られてるってことなんだよ、バーカ!
気を許すとかそんなんじゃなくて、単純な計算なんだよ。ツンツンしてるのもな!
大人の女は、「ツンツン」ではなく「クール」で、基本的に敷居を感じさせないのが特徴ですからね。そうでなければ、仕事するにしても、話するにしてもうまくいきませんから。

しかし、「ツンデレ」に「萌える」(この言葉も禁句にしたいくらい苦手だけれど)のは古今東西常に在り、というもので、それこそ世界最古の「源氏物語」(私のだーい好きな朧月夜ね。今風に言えば峰不二子よ)から、王様を手玉に取るシェラザードやら、諸葛孔明やら(あれ?)、今シーズンもいろんなスケーターが演技する「トゥーランドット」まで数々のツンデレ嬢(男も約一名)がおります。彼女たちはみな過激すぎる嫌いがあり、朧月夜は帝と光源氏を二股しているし(デレなのはもちろん帝に)、諸葛孔明は名前出しただけで相手がビビッて死んでくれるし、シェラザードはなんだかんだいって色気で王様をいつまでももてあそんでいるし、トゥーランドットにいたっては、頭の悪い男は皆殺しです。皆さん共通して賢い。この中ではやはり、トゥーランドットが秀でているでしょうか。逆に謎賭けをする男、カラフはこの冷血姫を手玉にとって、最後には愛を勝ち得てしまうわけですものね。
 
... 続きを読む
2007.11.27 
げんりょう ?りやう 0 【減量】   (名)スル
(1)分量や重量を減らすこと。特に体重を減らすこと。⇔増量
「三キロ?する」

食べ物のおいしい季節です。
忘年会シーズンです。一人5000円、送別される私にも同じノルマが課せられたので蹴っ飛ばした送別会のシーズンでもあるかもしれません。クリスマスに美味しいものを食べる予定の人もいるでしょう。

が、私は目下、意図せず減量中です。筋肉が落ちるので悪いやせ方。ここ1週間で5キロ。歩くのもふらふらです。というのも、気管支炎+ストレス+胃腸の不良という一緒に来なくてもよいものがいっぺんに来たからなのでした。いうまでもなく、ストレスは何個か前に書いたあの「女」です(泣かせてみて分かりました。彼女がいなければ、もう少しこの会社にとどまる努力はしたということを…)。

仕事が滞るのはとにかく精神的な負担でしたが(別において逃げてもいいけれど、自分のキャリアにならない)、こうも急激にやせると何をやるのにも息切れがします。トイレに行くたびにはあはあいいながら「なんでみんなメタボメタボいうのか?」という疑問が私を襲います。いいじゃんメタボだって。動ければ。体力の衰えが恐ろしくなり、腹筋をしてみましたが10回もやらないうちに疲れてきます。いつもの10分の1。履歴書を書くにも手首に力が入りません。来年1月から私は働けるのでしょうか。ちょっと心配ですが、根がナマケモノなので、無職で金があればそれもいいなあ、とあり得ないことを考えます。

…これじゃ、だめですね。さっさと寝ます。おやすみなさい。
2007.11.26 
がっこう がくかう 0 【学校】
一定の場所に設けられた施設に、児童・生徒・学生を集めて、教師が計画的・継続的に教育を行う機関。学校教育法では、小学校・中学校・高等学校・大学・高等専門学校・盲学校・聾学校・養護学校および幼稚園を学校とし、ほかに専修学校・各種学校を規定する。

昨日は、友人の個展で酔っ払い(迷惑な女だ)、その後めちゃくちゃ愚痴たれ状態で他の友人と会いました。彼とももう、ずいぶんと長いお付き合い。私がお金に困っていたことも(今も困ってるけど)、前の会社を辞めるのに3年もかかったヘタレだということも、よく知っているヤツです。私としても、彼が参っているときも、彼女ののろけ話をいやんなるほど聞かされたことも、その素敵な彼女と結婚したことも、まあ見てきた一つ年上のねーさんなわけです。とかいっても、出来の悪い姉と賢い弟みたいですけど。
私はそんな賢い弟妹、いけてる兄さん姉さんに囲まれて、なんとか生きております。
こういう知り合いは、みんな学校とは関係ない友人だったりします。学校が同じなのももちろんいるけれど、同級生(私は浪人しているので1つ下だけれど)。同級生は、今やっている連ドラ「ちりとてちん」の順ちゃんみたいなもの。私は当然、喜代美です。


…枕が長くなりました。

... 続きを読む
2007.11.22 
せき 2 【▼咳】
〔「堰(せき)」と同源〕のどや気管が刺激を受けたとき、呼気が急激に吐き出される現象。
しわぶき。[季]冬。

ここで中村中村汀女の句が紹介されているのですが、ひねくれもので嫌味な当ブログとしては、こちらを書いてみます。

咳をしてもひとり 種田山頭火 尾崎放哉

*間違えました。山頭火は「からす泣いて、私もひとり」とつなげた人ですね。

咳が止まらないのです。会社のイライラをすべて体を動かして解消していたのに、医者に止められています。これではたまらないと頭にきてここ3日ほど毎日酒食らっていたんですけど(昨日の酒はいい酒だったんですけどね)、医者に厳禁されただけあって、今日とうとう声が出なくなりました。咳をしても一人寂しく独り言言ったところで、声が出ないものですから寂しさ半減です。

電話も取れないし(とっても息の音しかしない)、同僚とは筆談でなんかエロっぽい感じのやり取り(だと言ったら「やっぱりボク、みけさんが分かりません」と言われてしまいました)。昨日耳鼻科、今日内科の剛毅な女医コンビいわく「あんたねー、何で人の言うこと聞かないの!」。咳をしている=弱っているということをアピールしたいところなのですが、逆に笑いをとる方向に足を突っ込みつつあります。

それにしても、咳って悲しいものですね。
くしゃみなら、「長生きしろよ!」なんていうお国もあるのに、咳は哀れです。しかもしんどい。咳をしている人は、なんだか薄くてはかない感じです。でも私の咳、あまりにも元気がいいというかすさまじいので、周りの人が引いていきます。風邪じゃないんだよ、気管支炎なんだよー、咽頭炎こみなんだよー。

だから、電話を取ってくれ。
2007.11.22 
ほん 【本】(名)
[1]書物。書籍。
・―を読む
・漫画の―
・書いたものを一冊の―にまとめる

昨日今日とお休みしておりました。いやー、まあ、年女も3回目、いろいろあります。ちょっと思いがけなかったですが、自分の身に降り掛かってくると意外に冷静だったりします。
なんでもないことに感謝して生きていけることを、来年は目標にしたい、そんな風に思います。仕事もそうすればうまく行くかもしれませんね。

さて、枕はここまでにして。
 現在転職活動中の私の目下の仕事は「書籍」を編集することです。以前書いたことがありますが、これを目標とする方は多くおられるようで、自分にはかなり理解不能なのですが、「なるための」学校も存在しますし(私も会社に入ってから通わされました)、何のためなのかよくわからない課題も出されているようです(騎手に意味があっても伯楽に意味のない、そういう類の課題です)。
 そんな「課題」、私は非常に得意だったのですが、そんなものは入社して以来、役に立った試しがありませんでした。小器用でも意味はないのでしょう。
 私がこの仕事で一番大切、かつ自分に足りないと感じてきた部分は「気遣い」と「気配り」、それから「悪人になりきる」ということでした。このことさえ何とかなれば、否、このことこそが編集者の肝であって、それ以上でもそれ以下でもないのです。なぜスケジュール管理を厳密にしなければならないか。それは関係する人たちに仕事をしづらくさせるから。なぜ構成や校閲をきちんとしなければならないか。読んでくださる方により読みやすく、気持ちよく見ていただくため。なぜ企画を立てるのか。読んでくださる人が買ってくださって、手に取ってくださって、役に立てたり幸せになったりしてもらいたいから。

日本の書籍出版は、それこそ廃棄される本が多いくらいで、読まれもせずに断裁されるものが多い世界です。その中で断裁されないためにはどうしたらいいのか。それが、一番考えなければならないことでした。
自分が作りたい本を作ることはほとんどできず、手がけたものも「自分がこうしたい」ではなく「こうしたら読んでもらえる」ものばかりでした。それでも楽しかったのは人とふれあえる仕事だったからだと思います。机に一日中向かって、誰とも話さない仕事だったらこんなに続かなかったでしょう。
... 続きを読む
2007.11.20 
ふるかぶ 0 【古株】
その集団・地域などに古くからいる人。古顔。
「―の社員」


私がこの会社をすごくいやな一番の理由。じつはそれがこれだったりします。古株の女性社員。

まあ、俗に言う「お局さま」ですね。

彼女の監視の目は厳しく、前日に終電で帰ろうが9時半に出勤しないと怒ります(一応編集部はフレックス)。家に仕事を持って帰って徹夜しているような仕事でも、真面目に寡黙にやらない限りは仕事ではないそうです(ホントかよ)。そんな彼女の仕事は「内勤」。お茶くみは当然自分がやり(べつにやってくれなくてもいい)、会社の内情はすべて把握していると思い込み(とにかく応用力はない)、私のような出来の悪い社会人に対する目は冷たい(当たり前だな)。そして、自分の意見が受け入れられないと泣く。すごく。私がここにいた約9ヶ月の間に、4回5回は見ております。

そして、会社への過剰なまでの愛。
自分が女性だという、過剰なまでの思い込み。

前の会社も含め、すべてのところでそんな人を見かけなかったので驚き半分、そして鬱陶しさ半分でした。

うまく力になってもらっていたつもりでしたが、今日おお泣きさせてしまいました。私のこんなせりふのせいです。

「会社になんて愛情ないですよ。だって給料くれても守ってくれないでしょ?会社が問題ではなく、会社にきて何するかが問題ですよ。自分の売上がどれくらいとか、自分の能力をどう買ってもらうとか、活かすとかね」

これで泣かれたのではねえ…

私は「愛国心」も薄いのですが(「国」は何もしてくれない、人が何かしてくれるんです)、こういう人を見ると今の「プチナショ」が何なのかを考えますね。いやほんとうに。

なんにしてもお局社員、鬱陶しいです。あと1ヵ月半の我慢。がんばれ私。

2007.11.15 
肩(かた)が凝(こ)・る
1 肩の筋肉が堅くなる。肩が張る。
2 重圧を感じて気詰まりである。肩が張る。「―・らない話」
[ 大辞泉 提供:JapanKnowledge ]

仕事の合間に、書いております。
翻訳本の仕事なので、時々自分で書き直したりしながら進めているのですが、不自然な訳になりがちなので困ります。ブログというツールはこういうとき便利なもので、日本語のリズムやテンポみたいなものを、自分が書く文章で気軽に確認できます。

エントリを眺めてみたら、なぜか「あ」行と「ま」行のみだったので、今週は強化週間にしようかとか考えつつ、この単語を選んでみました。

昨日は仕事の「面接」。いやあ、肩がこったこった。この場合2の意味ですね。非常にあっさり終わり、「あ、落ちたなこりゃ」というのがすぐ分かりましたので、記念にそこのビルに入っていたプロントでカフェオレを一杯飲んでから帰りました。
 八重洲ブックセンターと地下街も物色したりして。
まあでもいい効果もあり、あせった私は新たに一社、派遣会社に登録を済ませました。とりあえず、家賃だけでも払えないと、一家の大黒柱としては失格ですからね。まあ何とかなるでしょう。もっとも普通の事務としてはぜんぜん使えないので、いったい何をやればいいのかわかりません。

そして今日はまさに1。なんでこんなにこっているのか分からないほどなのですが、目の奥が妙に痛い。もしかして脳みそに先週の麻酔が入り込んでいるのか?分かりませんが、こういうときは体を動かすに限りますね。そのまえに、がんばって版権交渉だ。さあ値引きがんばるぜー。

いろんな意味で肩がこる、ここ1週間なのでした。
2007.11.15 
うまい棒(うまいぼう)は、株式会社やおきんが日本で販売している棒状のスナック菓子。製造はリスカ株式会社。標準小売価格は1本10円(消費税別)、卸値は7円50銭である。一部のコンビニやスーパーでは1本9円で販売している。1979年7月発売開始。また最近では台湾でもコンビニエンスストアを中心に販売している。製造商は(株)やおきん、価格は5元(台湾ドル)。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

エントリがあがっているときは、残業中か自宅にもって帰っている仕事がある証です。ああ、お恥ずかしい。

さて、私がくたばっている間に夫もくたばっておりまして、私たちは二人ともろくに料理もせず、汁物(俗にいうインスタントスープ)をすすっている状態です。私は固形物を食べられなかったからなのですが。
そんな我が家の貧しい食生活に現れた救世主、うまい棒。彼(ハンドルネーム「ポコ」)が駅前の菓子安売り店で、30本250円で買ってきました。うまい棒、カロリーもあるし、お腹にたまります。問題は食べたらやめられないこと。明日あたりから運動に復帰したいと思います。みなさんのすきなうまい棒は何味でしょうか?
私はオーソドックスなサラダ味と、コーンポタージュ味です。

*うまい棒で潤う食生活は、貧しいと言われればその通りです。

某おばかなお嬢様系の女子雑誌で「ブス子」に見事分類されたみけでございました。悪かったなー、掛け持ちでも陸上部で。
2007.11.14 
むしんけい 【無神経】 (名・形動)[文]ナリ
他人に対する思いやりや気配りがない・こと(さま)。
「―に大声を出す」「他人の気持ちに―な発言」

先週のどに内視鏡を入れ、膿を摘出しました。思えば私の父も、ちょうど今の私と同じ歳で同じような処置をして、半年後に今も患っている病気になったのでした。怖いですね。遺伝するらしいですし、治療法もまだよく分からないし。でも死ぬような病気じゃないけれど。

さて、ぜんぜん書く時間が取れない今日この頃なのですが、ここのところ会社などでとくに感じているこの「無神経」を語りたいと思います。

私は契約満了で(早い話が会社都合で)この会社をやめることになったのですが、送別会を開いてくれるというのです。しかし、明らかにいやな飲み会になるのが分かっているので(詳しい話が聞きたい方はメールでどうぞ)、お断りしてからふと思いました。
なんだそりゃ。
自分からやめるんじゃなくて、やめさせられるんやで。
2ヶ月目あたりから、この会社のこういう気質はよく分かっていたのですが、失業保険がすぐ出るのでクビになってよかったんじゃないかとさえ、考えてしまいました。

... 続きを読む
2007.11.13 
いんとう 【咽頭】
上は鼻腔(びこう)に、前は口腔の後下部に、下は喉頭(こうとう)と食道に挟まれた部分。

私はこの時期ひどい花粉症に悩まされている、というのはお話しした記憶があるのですが、今年は異常に長く、全然衰える気配がありません。ブタクサは相変わらずものすごい黄色で、よもぎも花が咲きっぱなしです。普通薬に耐性ができる前に終わってくれるのですが、今回はそうも行きませんでした。

というわけで、ずる剥け状態(粘膜をこう表現していいのかは分かりませんが)の鼻喉眼にウイルスががんがん入って、内科的な病気ってやつで入院するところでした。私はせいぜい、一泊か外科でしか入院経験がないものですから慌ててしまい、「お金がないので」と本質とはほど遠いところで断ってしまったのですが、よく考えれば入院したらそれはそれで楽しかったような気もします。

とまあとにかく、花粉症も馬鹿にできないと思った今日この頃です。みなさんも咽頭炎(気道が塞がるほどにはれると危険だったんですね…)とウイルス性結膜炎にはご注意を。下手したら外科手術するところでした。というか、そこまで行く前になぜ気づかないんでしょう、私は。
2007.11.10 
まきぞえ ―ぞへ 0 【巻(き)添え】
他人の事件・悪事に巻き込まれて、罪に問われたり、損害を受けたりすること。まきぞい。
「事故の―を食う」「子供を―にする」

予告していたものとは関係ないのですが、まだバイトが終わっていないので(身もフタもないようなものをどう説明すればよいのやら)、昨日私のココロをずっと掴んだままのある事件について、ちょっと書かせてください。

昨日(11/6)のことなのですが、池袋パルコの屋上から飛び降りた女性が亡くなりました。記事などを読んでいくと、どうやら病気を苦にした自殺だったようなのですが、問題はそれだけではありませんでした。
なんと、巻き添えを食ってしまった通行人の男性も、重体だというのです。
確かに自殺したくなるほどの苦しみを抱えていることもつらく、女性を責めるつもりはないのですが、彼女が飛び降りた場所の真下は、JRの入り口になっておりまして、通行人も多いところです。いくらなんでも、もうちょっと人が通らなさそうなところがよかったのではないかと、ちょっと怒りをこめながら思ってしまったのでした。

巻き添えになって事故に遭う、あるいは死亡するというのは、死に方としてはあまり嬉しくないものです。「巻き添え」という言葉には「自力で避けようがない」という意味も含まれていますし、おおよそマイナスイメージのある言葉ですから、事故とか死ぬとか抜きにしたって何だかいやな気分になります。自殺をするにしたって、「巻き添え」に誰かをするのは、どうも後味が悪くていけません。人間生まれてくるときはお母さんがきばって出してくれますが、死ぬときは一人です。「巻き添え」をくっつけないで気分よく大往生できれば理想ですが、せめて遺体の処理に困らないくらいの手当てをしておければ、などと思ったでした。

…私はあと90年くらい生きる予定なのですが(日本一の長寿を狙っております)。
2007.11.07 
早速なのですが、バイトが忙しくて(「書く方」の安いバイトもしています)、締め切りに追われまくっておりますので、予告だけしておきます。
しばらく予想でもどうぞ。

★ 幕の内弁当
★ 翻訳調
★ 忘れる

どんな題材かは、まだ秘密です。3ついっぺんにあげますので、火曜日くらいまでお待ちください。
それにしても、原稿用紙にして20枚書いても500円ってどんなバイトなんでしょ。あーあー。
2007.11.04 
しり 【▼尻/▼臀/▽後】

(1)四足動物の胴の後肢の付け根の後方、肛門のあるあたりで、肉が豊かについているところ。臀部(でんぶ)。けつ。おいど。いしき。
(2)空間的または時間的に順序をなして続いているものの、最後の部分。後尾。しまい。うしろ。
⇔あたま 「行列の―につく」「言葉の―」
(3)上と下、前とうしろ、本と末、頂と底のあるものの、下・うしろ・末・底の部分。「縄の―」「なべの―」
(4)あとに残った、処理しなくてはならない懸案。あと始末。
「不始末の―を持って行く」
(5)(「じり」の形で)名詞の下に付いて複合語をつくる。

1週間もたたないうちに「尻」が出てきてしまいました。今日取り上げるのは例えば、
「契約満了(早い話がクビ)で尻が見えてきた」
という使い方ではなく
「素敵なお尻」
のほうです。つまり(1)の用例ですね。
この単語はこれからも何回か登場しそうなので、用例を指定しておきます。

お尻、それはセックスシンボルでもあり、また生き物としての価値判断のひとつの基準になる場所でもあります。
猫さんたちはじめ、四足のみなさんの健康状態もお尻から判断がつきますし、人間でもお尻がきゅっと上げられないとなると、それだけ疲れている(肛門の穴が、というわけではなさそうですが)ということでもあります。
編集者の持病「腰痛、うつ病、痔」の二つにもかかわりがあります。お尻の穴をきゅっと締められなければ、腰も弱っているということなのです。
そして、ムエタイの選手などは特に、お尻、まあ臀部言うべきでしょうが、を使う動きをしているためか、ふるりとあがったいいお尻をしています。フロントキックのときはもちろんのこと、回し蹴り、バックキックなどでも常に意識していることでよりよいヒットが望めるところなのです。

しかしやはり、お尻といえば、このお尻。

世界美尻コンテスト
トリンプ主催

世界各国から集まった男女がお尻を披露したこのコンテストの優勝者はブルガリアの方。ブルガリアの女の子たちの穿いているパンティはTバック、上半分くらいは露出しています。そして大体において、イケています。お尻って見られることでも鍛えられるのでしょうかね。でも、ブルガリアの美女は、そんなところを触られたらそいつの顔をぶん殴るとか、警察に突き出すくらいのことは簡単にやってのけます。それを知っているので、電車の中で不埒を働こうなどという、勇気ある?男はほとんどいないといってよいでしょう。
あくまでも私の意見ですが、カッコイイ人にカッコイイお尻がついているのです。ブルガリア娘にしても、ムエタイ戦士にしても然り。もしかしたら、きゅっとお尻の穴を締めて立つと、姿勢がよいからかもしれないですが。

追記:
私も絶賛したい、男性部門もアリ
http://www.afpbb.com/article/life-culture/culture-arts/2305501/2301233
2007.11.02 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。