上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- 
ぼうねん-かい ばう―くわい 3 【忘年会】
その年の苦労を忘れるために年末に催す宴会。[季]冬。


 ばたばたしつつも、相変わらず「忘年会の予定ゼロ」(職場の忘年会は、送別される自分がなぜか参加費を払わねばならず、しかも食べられないモツ煮屋なので蹴りました)で、年末は穏やかに静かに過ごす予定なのですが(友だちは本当にちょびっとです)、今年は本当に、しみじみとほっとしております。
そう、忘年会といえば出費ですからね…。
 ボーナスだといってオナサケ程度に提示されたものは、来週のセミナー代で終わりです。たいした額ではありませんが、それにイロついた程度じゃなあ。みなさんも忘年会シーズンでしょうか。
 仲間と楽しくやれる保障があれば、すばらしい会だと思うのですが、そうでなければ地獄の苦しさです。今度はみんながいがみ合ってないような職場にたどり着けるといいんですが…。

 さて私の愚痴はここまでにしまして。その年の苦労を忘れるための会なのに、なぜかよいことを連想できないのも忘年会。みなさんも、「今日は無礼講だから」と言われている会の最中、仲の悪い同僚どうしがにらみ合ったり、それに肝を冷やしたりという経験は二、三おありではないではないでしょうか。その年の苦労を忘れるために、飲む。飲むと、愚痴っぽくなる。愚痴っぽくなると攻撃的になる…まあ、そういった具合に年末の疲労とかがドバっと出てしまう、私の忘年会に対するイメージはいつもそんな感じです。
いっそのこと「忘年会」などという名前ではなく「年末パーティー」とかにしてしまうとよいのかもしれませんが、それでは感じが出ませんね。

 …こんなことを書いていたら、なんだか忘年会をやりたくなりました。今日、家に帰ったら、猫さんたちにまたたびを与えて、ひとりでごく少量の酒をちびちびやることにします(酒は弱いのです)。ああ、はやく今年のいやなことは忘れたいものですね。
2007.12.12 
洋菓子の一例デザートとは、食事の後に出され食べられる果物や菓子(プディングやケーキ・アイスクリームなど)のことをいう。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

今の職場も、あと1週間で終わり、残った仕事は嘱託扱いで片付けることになりました。なんせ、私より「超優秀」な「仕事をしたことのない」方が入ってくるので、ハイソレマデヨとほおって逃亡できないんです。最悪。会社都合退職になるはずなのに、自己都合にさせられそうですし…。それは、戦いますけれど。
この会社ではビジネスにおいて「やってはいけないこと」、出版において「センスの悪いこと」、人として「言ってはいけないこと」を大いに学びました。
そして、この会社で学んだ最後のこと。
「女の人は、甘いものをいくらでも食べられる」傾向にある。

私は元来、甘いものが苦手です。デザートにもしょっぱいものが欲しいくらいで、最近の「塩なんとか」系のお菓子は歓迎しておりますが、「雪見大福」などは一度に一パック食べられません。でも、ここの女性二人は例外なく甘いものが好きで、話が合わないのことはなはだしく、私としては非常に疲れておりました。甘いものをさしておいしく食べられないので、
「おいしくありませんか?」とか言われても苦笑いです。
なんにせよ、この1年足らずで、ますます甘いものが苦手になってしまいました。

やっぱり食べ物って、そのものが大事なのではなく、いつ誰と食べるかが重要なんでしょうね。
2007.12.12 
Mr. [mister]
(1)男子の姓名につける敬称。
(2)あるグループ・領域でのすぐれた代表的な男性。

この会社での最後のお仕事は翻訳本なので、外国とのやりとりはすべて英語で行っています。私の英語ではつたなさ満点ですが、一応通じるし、四の五の言っていられませんので、向こうもビジネスの相手としてやり取りしてくれます。しかし、一つ、戸惑うことがあるのです。

相手先の性別は割にわかりやすいのですが(外国人の名前の種類は少ない)、こちらのほうは、向こうがよくわからないらしいのです。メールの返事には

Dear Mr. ●●●…

と私の名前には「ミスター」がついております。名前の最後が「i」母音で終わるのは、なぜか男性の名前が多いのですけれども、私のもそうみなされている可能性が大です(これは、英語圏だけではなく北欧でもスラヴでもなぜか変わりません。トルコでも)。
訂正せずにやり取りしてますが、こういうとき日本語の「さま」は実に便利だと思います。

ところで、うちの王子に「ミスター」つけて呼んでみたら、すごく変な顔をします。あほっぽさが2割ましな感じがするのです。
「ミスターしろきち~」

某「永世名誉監督」なみの仰々しさが、5キロちょっとの猫についちゃうからでしょうか。本猫は不思議そうに、でも返事をしております。

2007.12.10 
NHK杯国際フィギュアスケート競技大会(エヌエイチケーはいこくさいフィギュアスケートきょうぎたいかい、ISU Grand Prix International Figure Skating Competition NHK Trophy)は、日本で行われるフィギュアスケートの競技会でISUグランプリシリーズを構成するフィギュアスケート競技会のひとつ。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


しばらくお留守にしていたのですが、それは今、私が副業の締め切りに追われているからでして…(それなのですが、原稿用紙約50枚かいても5000円!いったいどうしてこんな仕事、請け負ってるんだろう)。というわけで、息抜き程度のものをちらちらっと書きます。

フィギュアスケートに関しては、もうそれこそ詳しいブログが山のようにあり、私なんぞ及びもつかないので、そちらを参考にしてください。私のは「与太話」です。




... 続きを読む
2007.12.07 
(形) [文]ク なみだもろ・し
ちょっとしたことにも感じやすく、涙ぐむ性質である。

私は結構涙もろいタイプです。
くだらねえ!と言いつつも、テレビでやっている「感動秘話」系のお話ですぐ泣きます。悔しくても、悲しくても泣きます。最近は朝ドラ見てても泣きます。そんな泣き虫コムシの私でも、ルール違反だと思う涙もあります。それは、職場で流す、女の涙です。

男性陣にとって、こんなに恐ろしいものはないでしょう。泣くのは最終兵器。職場で泣く女性は、そういう思いが頭のどこかにあるから、最後に泣くんです。だから、理不尽なことを言われても、ただ涙するのです。怒るのではなく。理不尽なことを言われたらまず「噴火」(怒る)する女なら、いかようにでも対処できるかもしれませんが(言われたほうに報復するわけですから)、泣くのは「傷ついた」とアピールする行為です。

泣かれてしまったら、それ以降は腫れ物にでも触るように、傷つけないように接していくしかありません。適切に「叱られる」こともなく、「本音をさらされる」こともなくなります。結局不幸になるのは本人だと思うのですけれど…

私の夫、ポコはこのような涙を「涙の脅迫」と言っていました。涙で身を守る、涙で鎧う行為だそうです。私も何年目かにやっと出来た後輩にこういう思いをさせられてきて、ようやく実感することになりましたが、言いだしっぺのポコは
「あれは、僕の間違いだよ。涙の勝利なんだよ。泣けばなんでもチャラになるじゃない」
とか言っております。

おいおい、言いだしっぺが覆すかよ。

私は根がイジワルで悪のカタマリなので、こういう女を見るとがんがん泣かしたくなります。
2007.11.29 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。